ちぐはぐパッチワーク

スローで楽しい日々の暮らし。

車椅子がやってきた

足を骨折するまでは、毎日のように海まで散歩に行っていました。家から海までは歩いて20分くらい。我が家は小高い丘のような場所に建っていて、海までの道のりは、緩やかな坂道が8割、平坦な道が2割といったところでしょうか。坂道が大半を占めています。

 

 

私もおじさんも歩くのはわりと好きな方で、この道のりをそこまで苦には思っていませんでした。でも、松葉杖でも行けるか?と問われると、ぐぬぬ…という感じで、さすがに二の足を踏んでしまいます。松葉杖歩行は普通に歩くよりも体力を消耗するし、長く続く坂道はふとした瞬間にバランスを崩してしまいそうで怖い。海に行きたい気持ちは高まっているけれど、どうしても体力的に自信がなくて、通院の日以外はずっと家の中で過ごしていました。

 

 

そんな引きこもり生活の中、どうしても外に用事がある時は、おじさんが代行してくれました。嫌な顔ひとつせず、快く受けてくれるおじさん。ああ、なんてありがたい存在なんでしょう。おじさん、神です。「これ済ませた後にちょっと海も見てくるね」と言ってお使いに出掛けて行くおじさんを、その日も玄関で見送りました。

 

 

数時間後。帰宅するなりニコニコ顔で「いいこと思いついたよ!」とおじさん。「あのさ、車椅子があれば、いくさんも一緒に海行けるんじゃない?車椅子は僕が押すからさ。」…うーん、その発想はなかった。おじさんすごい。

 

 

おじさんリサーチの結果、よさそうな車椅子を見つけることができ、ついに購入するに至りました。車椅子ってものすごく高いイメージがあったけど、この価格だったら通院時のタクシー代とトントンくらいにはなりそう。

 

 

で、その車椅子が本日届きました。早速セッティングして、リビングで試乗してみる。自走式タイプなので、自分ひとりで運転して移動することもできます。なにげにくるっと方向転換させるのが快感で、しばし童心に帰ってはしゃいでしまいました。。。

 

 

 

 

ノーパンクタイヤでしっかりしてるし、見た目もそんなに安っぽくない。座り心地もなかなか快適です。思っていたよりも小回りが利くので、家にいる時はリビング内の移動用兼、ダイニングチェアとして使うことにしました。

 

 

明日は晴れるみたいなので、この子に乗って海まで行ってみようと思います。