ちぐはぐパッチワーク

スローで楽しい日々の暮らし。

太陽の向こう側

まだ足が痛むので、ここ3日間は、ごはんとトイレ以外、ほとんどベッドで寝て過ごしていました。寝ていると言ってもさすがに一日中眠っていられるはずもなく、目は覚めています。そう、暇。暇なんです。

 

 

積ん読になっていた本を読みはじめたものの、姿勢がつらくて少し読んだだけで断念。だったら音楽を聴こうかなと、スマホでSpotifyを開く。あ、そうか、Spotifyは音楽だけじゃなくてポッドキャスト番組も聴けるんだね。何か面白そうな番組ないかなーと探し始め、すぐに目に入ってきたのが、TBSラジオ『ジェーン・スーと堀井美香の「OVER THE SUN」』でした。

 

open.spotify.com

 

 

東京に住んでいた頃は、TBSラジオをよく聴いていました。スーさん堀井さんコンビの軽快なトークは、TBSラジオの『ジェーン・スー 生活は踊る』を聴いていたこともあって耳馴染みがあり、急に懐かしくなって、またふたりの声を聴きたくなりました。

 

 

で、『OVER THE SUN』。早速エピソード0から聴きはじめたんですけど、、、やっぱり面白いなー。番組の雰囲気は『生活は踊る』よりだいぶゆるい。しかし内容はとても濃ゆい。おばさんモード全開で同じ話を何度もしちゃうのとか、テーマから脱線して全然違う話を広げすぎちゃったりだとか、お菓子をばりぼり貪りながら話すのとか、もうゆるさが最高である。かと思えば内容はめちゃくちゃ充実していて、若い人だったら話題にしない(というかできない)であろう、離婚、VIO、更年期障害、閉経の話などなど、、、こっそり知りたいけどなかなか知りえないデリケートな知見が得られるのも興味深い。そして同世代、おばさん世代ならではの、共感エピソードてんこ盛りなところが私の心をがっしり掴みました。互助会の皆様(リスナー)と交わす〆の合言葉「ご自愛ください」は、私も積極的に使っていきたい。

 

 

スーさん堀井さんの、今週何してた?という日常のなんでもない話から、無駄に熱いおバカな笑える話、社会学にも通じるレベルの真面目な話まで、話題はとても豊富かつ全てにおいて面白い。バランスが絶妙。素晴らしい番組である。エピソードはまだだいぶストックがあるので、古い順から少しずつ楽しんで聴いていこうと思ってます。