ちぐはぐパッチワーク

スローで楽しい日々の暮らし。

ちぐはぐパッチワークのカフェカーテン

リネンのはぎれをパッチワークして、カーテンを作りました。

 

 

いろんなサイズの四角いパーツをたくさん用意して、ランダムにミシンで縫い合わせていく…という、なんともアバウトな自己流フリーダム手法で作りました。小さなはぎれとはぎれが繋がって、ちょっとずつちょっとずつ大きくなっていく。この工程が心地よくて楽しくて、久々に夢中でミシンを踏みました。

 

 

地の目方向を間違えないように気を付けていたつもりだったけど、どうやら縦横ちぐはぐに繋いでしまったパーツがあったようで、吊り下げてみたら若干歪んでいる…(生地は縦方向と横方向で伸び率が異なるので、ちぐはぐに繋いでしまうと全体で歪みが生じます)。まあでもいいじゃないか。このいびつさも、手作りならではの味である。うむ。

 

 

このカーテンは階段の窓に設置しました。この家は窓が多くて、全ての窓のカーテンを購入するとなるとかなりの出費になってしまいます。なので、小さな窓には簡易的に、つっぱり棒+手作りカーテンで対応しようかなーと。ちょうど眠らせていた生地がいくつかあったので、うまく活用して少しずつ作っていこうと思います。

 

 

それはさておき、カーテンを付けると一気に部屋の印象が変わりますね。殺風景な感じが払拭されて、だいぶあたたかい雰囲気になりました。部屋作り、楽しいなー。